壮大なハトシェプスト女王葬祭殿


ハトシェプスト女王葬祭殿は切り立った岩山の中に忽然と現れます。

a0092659_14483128.jpg


ハトシェプスト女王”
トトメス2世の死後、息子トトメス3世に代わり、自らファラオになった
古代エジプト唯一の女性ファラオです。

この葬祭殿は”新王国時代”最高の建築と言われています。
”新”と言っても建てられたのは紀元前15世紀
3500年も経ってると思えないほど美しかったのですが、
綺麗すぎて若干修復し過ぎな感もありました。


a0092659_14481128.jpg



石灰岩の岩山を削り取った材料で建物が造られたそうです。
ごつごつとした岩山と緻密に造られた美しい建物のコントラストが印象的でした。

a0092659_15190563.jpg


☟葬祭殿側から見た景色。
かなり広~いからここまでたどり着くのも結構歩かなければなりません。


ここは1997年に起きたイスラム原理主義過激派によるテロ事件の現場です。
日本人10名を含む外国人観光客63名が無差別に殺されると言う痛ましい事件でした。
こんな不条理な事が起こるなんて…悲惨すぎます。
葬祭殿を目指している時、もしここにテロリストが現れたら逃げ場はないなぁと思いながら歩いてました…



a0092659_14495588.jpg



ハトシェプスト女王の像が並ぶ第3テラス

a0092659_16243490.jpg



第2テラスの壁画は色彩も綺麗な状態で保存されていました。

a0092659_17544294.jpg


a0092659_17042006.jpg


☟ホルス神(ハヤブサ頭)と トトメス3世(ハトシェプスト女王の息子)

画像は
Wikidpedia より
a0092659_17083700.jpg



頭が山犬(ジャッカル)のアヌビス神

a0092659_17091927.jpg




これもアヌビス神 カッコいい♪

a0092659_17383152.jpg



カイロ考古学博物館のミュージアムショップにいたアヌビス神
ツタンカーメン王墓の”アヌビスの厨子”でお馴染みの姿です。

a0092659_17312871.jpg



ハトシェプスト女王葬祭殿に来た証拠写真を一枚(^^;


a0092659_18253848.jpg


東岸に戻ってランチへ♪



by bonzok | 2017-06-15 20:43 | 古代エジプトの旅 2017 | Comments(0)

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31