巨大神殿 アブ・シンベル に感動!


ギザのホテルを深夜2時半に出発。

ホテルで用意してくれたパンやヨーグルト、ジュース、リンゴなどが入った朝食セットを空港での待ち時間で頂くのですが、
夜中にそんな食欲もあるはずが無く、申し訳ないけれど私も皆さんもほとんど食べずにゴミ箱へ。
幸い…と言うか、私たちの様子を見ていたお掃除の女性たちが全部持って行って下さったので少しホッとしました。


午前5時、カイロ空港からアスワンに向けて離陸、 外はまだ真っ暗です。

a0092659_11324354.jpg



カイロからアスワン経由アブシンベル行きだったので、
アスワン空港到着後一度降りるのかと思ったら私たちは機内に残ったままアスワンから乗り込む乗客を待って、
再びアブシンベルに向けて飛び立ちました。

カイロ→アスワン→アブシンベル間はそれぞれ航空券が違うので、
機内で席だけを移動と言う不思議な経験をしました。

早朝出発のフライトだったお陰で、綺麗な日の出を見ることができましたよ。
窓が汚過ぎて残念…

a0092659_11530384.jpg



どうしてこんなとんでもない早朝に乗らなくはいけなかったか…と言うと
アブシンベル行きの飛行機は一日2本しか無くて、一機がカイロ⇔アブシンベル間を行き来してるので、
始発に乗らないと後がどんどん遅れていくんですって。
しかも、予約状況や諸事情でいきなり欠航と言う事態もあるそうですよ。
エジプト航空(EGYPTAIR)って国営航空なのに…

搭乗する時、去年(2016年)パリ発カイロ行きのエジプト航空が墜落したテロ事件が頭をよぎりましたが、
無事にアブ・シンベル空港に到着。
帰りは3時間後に発つ同じ飛行機でアスワンに向かいます。

a0092659_12043261.jpg



アブ・シンベルはエジプト最南端、スーダンとの国境近くに位置するので、
カイロに比べると一気に気温が高くなりました。

空港で他の観光客と一緒に神殿に向かう送迎バスに乗ってアブシンベルへ。

ここから台形の丘の向こうにある神殿まで20分ほど歩きます。

a0092659_12134506.jpg




神殿が見えてきました~ドキドキ…


a0092659_19384618.jpg




巨大なラムセス2世像が並ぶアブ・シンベル大神殿を目の前に感激!
BONZOファラオもカッコいいよ♪

a0092659_15030030.jpg



ファラオの中のファラオと言われたラムセス2世によって建てられた巨大な岩窟神殿アブ・シンベルは、
1960年、ナイル川に建設されたアスワンハイダムによって埋没の危機に瀕しましたが、ユネスコによる国際的な救済活動が行われ、
神殿は正確に分割されて60m上方へ移築され、その危機を乗り越えたそうです。
繋ぎ合わせる時の接着剤は日本の技術が貢献していたそうですよ。

一度バラバラにされたパーツを再び繋ぎ合わせて再現されたなんて、
そんなことが可能なのかと信じられないくらい巨大な神殿でした。
ダムの中には他にも多くの遺跡が残されていますが、ほとんどの遺跡は移築が間に合わなかったそうです。

この大規模な移築工事がきっかけとなって、遺跡や自然を保護する”世界遺産”が創設されたんですって。
アブ・シンベル神殿は世界遺産第一号とも言えますね。




流石にここも観光客が多い!
a0092659_14561243.jpg





近付くとその大きさに改めて驚き感動を新たにします。

a0092659_15043977.jpg





ここは神殿の入り口、ここから先の内部は撮影禁止です。

真下から見上げたラムセス2世像、近づきすぎて全身を納めることはできませんでした。

a0092659_15304216.jpg



残念ながら神殿内部は撮影禁止でしたが、巨大な彫像や美しいレリーフで埋め尽くされ、
感激のあまり何度も泣きそうになってしまいました。(*_ _)



ラムセス2世が矢を射る姿が描かれたレリーフ「カデシュの戦い」

a0092659_16000177.jpg
出典Wikipedia



「カデシュの戦い」は有名なシーンなのでパピルスに描かれたお土産物もよく目にしました。

a0092659_16364667.jpg


大神殿から100mほど離れた場所に小神殿があります。

ここはラムセス2世の妃ネフェルタリハトホル女神に捧げられた神殿

6体の立像はラムセス2世ネフェルタリが交互に並べられています。

小神殿内部も撮影禁止でしたが素晴らしいレリーフで埋め尽くされていました。

a0092659_16380600.jpg


手前が小神殿、奥が大神殿
a0092659_19161237.jpg


2つの神殿は広大な人造湖ナセル湖に面して建てられています。
左側にちらっと見えるのがナセル湖
a0092659_19194201.jpg


神殿側から見たナセル湖
a0092659_19165572.jpg



これまでも様々な国で素晴らしい建築物を見てきたけれど、
アブシンベル神殿は歴史も巨大さもスケールが桁違い!

想像をはるかに超える感動は一生の思い出になりました。
長生きしてよかった!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



アブシンベル記念♪いい感じにボケてます(^^;
a0092659_19530695.jpg


☟帰りはまた同じ飛行機に乗ってアスワンへ。

神殿を見るためだけに計1167kmも移動して
たった3時間の滞在でアブ・シンベルを去らねばなりませんでした。

今回は一人だったのでナイル川クルーズのツアーをやめて飛行機移動を選んだけど、クルーズの方が楽かも…


a0092659_19231537.jpg




Commented by yasukon20 at 2017-03-10 06:48
おはようございます。
20年前の感動が蘇りました。
本当に涙が出るほどの感動を思い出します。
私たちのツア-は9人で ルクソ-ルから飛行機での往復でした。
でも帰りの飛行機がとても怖くて酸素吸入するものがありますでしょ、それが上から降りてくるという物凄い揺れがあって エジプトの砂漠の土になるかな~~っていう恐怖までありました。
それもまたいまだに語りつないでいます私です(>_<)
続き楽しみです。
Commented by bonzok at 2017-03-13 17:32
20年前のエジプトで怖い思いをなさったんですね。
それも思い出のひとつになりますね♪
今回の旅で多くの遺跡を見て来ましたが、アブシンベル宮殿が一番感動しました。
後で見た場所の印象が薄れるほど…
既に記憶が薄れ始めているので頑張って続きをしたためます(-_-;)
by bonzok | 2017-03-08 20:15 | 古代エジプトの旅 2017 | Comments(2)

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31