ロンドン 8 ナショナルギャラリー その2


ナショナルギャラリーには
ボッティチェリの作品もいくつか展示してありました。

☟『ヴィーナスとマルス』
あの超有名な『ヴィーナスの誕生』と同じころ(1483年)に描かれた作品

ヴィーナスのモデルは『誕生』『プリマヴェーラ』と同じく
フィレンツェ随一の美女シモネッタ・ヴェスプッチと言われています。



a0092659_16002984.jpg




☟一昨年、フランクフルトのシュテーデル美術館で見たボッティチェリの『シモネッタの肖像』


a0092659_21450537.jpg



かのレオナルド・ダ・ヴィンチシモネッタの美しさに惹かれ、
彼女の亡骸(23歳で夭逝)をスケッチしています。
ヴィーナスのモデルに相応しい本当に美しい女性だったんですね。

a0092659_21474792.jpg




☟作者は忘れてしまいましたが(-_-;)超細かく描かれた小品

a0092659_14450752.jpg



私の指と比べて、この小っちゃさ! どうやって描いたんでしょ?!
a0092659_14462887.jpg




☟ルーブル博物館で見たパオロ・パニーニの作品を思い出しました。

この絵は3mくらいある大きさ作品ですが、額絵や彫像のリアルな描写には驚かされます。
大きすぎて日本には来そうもないので、ルーブルにいらしたら是非間近で見てみて下さい。


パオロ・パニーニ『古代ローマの景観図のギャラリー』
出典 Wikipedia
a0092659_15154348.jpg





イタリアルネサンス初期(15世紀半ば)の画家 カルロ・クリヴェッリ
も私の好きな作家。

ナショナルギャラリーにはクリヴェッリの作品がたくさんあるのでテンション上がりました♪


a0092659_18222504.jpg


クリヴェッリの作品はすべて宗教画ですが、
特に聖母子像が好きです。

a0092659_23235375.jpg


『受胎告知』
縦が2mくらいの大きな作品です。

 画像はWikipedia より

a0092659_19180246.jpg




ナショナルギャラリーでは2点のフェルメールを見ることができます。

ひとつは『ヴァージナルの前に立つ女
”ヴァージナル”とはチェンバロのような楽器です。

フェルメールらしい光と空気を感じる作品。
今まで見たフェルメールの中では好きな作品です。

a0092659_20005060.jpg





もう一点は『ヴァージナルの前に座る女

「立つ女」の方と大きさもほとんど同じなので対の作品のようです。
「座る女」の方はフェルメール最晩年の作品ですが、彼独特の淡い光や空気感が感じられませんでした。


a0092659_22521807.jpg




日本では大人気のフェルメールですが、海外の美術館では
見てる人があまりいなくて、いつも何だか寂しげ…

a0092659_20123256.jpg





ゴッホの”ひまわり”も一点ありました。
7点ある「ひまわり」のうち、ゴッホ自身が一番気に入っている作品だそうです。

a0092659_23492411.jpg




ゴッホの”ひまわり”はやはり人気なのか、
ミュージアムショップではひまわりグッズがたくさん並んでいました。
この”ひまわりTシャツ” 着る勇気は無いなぁ…(~_~;)


a0092659_20230136.jpg






by bonzok | 2017-01-29 23:52 | イギリス・レンタカーの旅 2016

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?