トルコ旅行記 44 イスタンブール ペラ・パラス

イスタンブールで滞在したペラ・パラス(Pera Palace )は創業1892年。

パリ発のオリエント急行でイスタンブールに到着した乗客をもてなすために開業されたホテルだそうです。

歴史あるクラシックなホテルでトルコ旅行最後の3日間をゆったりと過ごすことができました。


意外とこじんまりした建物。
a0092659_17435033.jpg

a0092659_21441382.jpg



ガラスドームと装飾が美しいロビーの天井
a0092659_21521484.jpg

エントランスも落ち着いた雰囲気
a0092659_23475794.jpg

あちこちに年代物の調度品が置かれていました。
a0092659_23455298.jpg

当時の電話ボックス。さすがに今は使われていません。
a0092659_1142261.jpg


かつては老朽化が激しく一時は閉鎖の危機もあったそうですが、

長年に渡る大規模な改修工事を終え、2010年にようやく再オープンしました。

ヨーロッパで2番目に古いと言われる創業当時のままのエレベーターは今も現役。
a0092659_22512312.jpg

階段周りも美しい。 階段を下りてるのは主人です…
a0092659_22541957.jpg


常連客であったアガサ・クリスティは、このホテルに滞在中に「オリエント急行殺人事件」を執筆したと言われています。

「クリスティズルーム」(アガサが滞在した411号室)を私たちも見ることができたのですが、

滞在した3日間ともお部屋は宿泊客がいて、残念ながら入ることはできませんでした。

このホテルのスィートは、ヘミングウェイグレタ・ガルボなど常連客の名前が付いています。


私たちの隣の部屋101号室が偶然「アタチュルク(初代トルコ大統領)ルーム」だったのですが、

ここは遺品の展示もあり、レセプションに言えば中を見せてもらえます。

アタチュルクが長期に渡って滞在した部屋。豪華すぎない地味目な調度品がいい感じです。
a0092659_074666.jpg

ベッドの上にかけてあるアタチュルクの肖像は、滞在中はなかったと思います。
a0092659_11454053.jpg


こちらは私たちの部屋。 狭いけど天井だけがやたら高かった…
a0092659_1155488.jpg

a0092659_121195.jpg


前にもUPしましたけど、ホテルのエントランスでツアーメイトの母子さまと♪ 
主人が撮ってくれたから、いつものようにピンぼけ気味(ーー;)
a0092659_12202586.jpg





by bonzok | 2013-07-22 12:29 | トルコ2012 | Comments(0)

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31