レッスン風景 54

これは20年近く前の作品です。

"Intarsien-Malerei" と言うドイツ伝統技法で、ドイツ語の本を見ながら 見よう見まねで制作してみましたが、

描くと言うより職人の様な地道な作業なので、この一作でめげてしまいました…
a0092659_1652106.jpg


ギャレットでは根強い人気の「アリスのカレンダー」 
時間がかかるけど仕上がった時はみんな大満足♪
a0092659_16502493.jpg


「ハッピーイースター」 四季シリーズ4枚の中で一番人気です。
a0092659_16504732.jpg


クリスマス作品がいっぱい♪ みんなラストスパートで頑張ってます!
a0092659_1751428.jpg

a0092659_17512191.jpg

a0092659_16513256.jpg

a0092659_17535878.jpg

a0092659_180313.jpg

基礎科カリキュラムの"スタンディングサンタ" は、生徒さん達に自由に描いて頂いてます。
この日はキラキラのデコサンタが出来上がりました。 ご本人もキラキラ☆な方ですよ♪
a0092659_1865864.jpg

後ろ姿も可愛いネ♪
a0092659_187994.jpg


メガネケースに注目♪  こんなに細かく描くのは結構大変! プラスティックに描くのって難しいのよね。
a0092659_18134183.jpg

こちらはスタンプを使って描いて下さいました。
a0092659_1834630.jpg


"Ten little black boys” 
これは黒人がモチーフという事で掲載がボツになってしまった作品。
a0092659_1651383.jpg


"Ten little black boys” は「マザーグースの唄」のひとつで、北原白秋の翻訳で出版されていましたが、

『10人の ″くろんぼ″ 』と言う言葉が差別用語と見なされたため、今は活字にすることはできなくなったようです。

原詩では"Nigger boys"(ニガー)だったのが、1970年代に"black boys"に変わっています。

広く知られている『10人のインディアン』と内容は同じ。

子どもがひとりずついなくなり、「そして誰もいなくなった」・・・と言う残酷な唄です。

今では「インディアン」という言葉も差別的と言う見方もあるので、

将来は「10人のネイティブアメリカン」と言う唄に変えられる日が来るかもしれません。

「マザーグース」の原詩を維持するのはなかなか大変なのかな?



オマケ…

レッスンカード入れの周りに集うあみねこたち♪
この暖かそうなニットは みんな "アフタヌーンティー" で購入しましたの。
ボンゾは中にも着てるので着ぶくれ気味…

おソロの方はギャレットに連れてきて~♪
a0092659_16541377.jpg



金曜クラスの皆さまへ

来週23日は祝日のため、今週16日に変更になっています。(スケジュール表をご覧ください)

2週続くけど、頑張って来て下さいね!
Commented by 越ママ at 2011-12-15 07:03 x
本などで、よく、拝見する作品ですね~(^^)みんな、大好きです。

編みぐるみちゃんたちも、冬バージョンで、とっても、かわいい~
Commented by bonzok at 2011-12-15 23:09
あみねこの兄弟は、多分ギャレットに50匹ぐらいいるかも…^^;

このおソロのニットを持ってる子もたくさんいるはずよ♪
by bonzok | 2011-12-14 18:57 | レッスン風景 | Comments(2)

トールペイントと旅の話を中心に日々の出来事を綴っております。旅友募集中です。どなたか旅をご一緒しませんか?